通信制高校で将来の夢を見つける

通信制高校に通っている人ってどんな人?

by daadmin on 2014年2月10日

通信制高校に通っている人はどんな人が多いのでしょうか?気になるという人のために、いくつかの高校の学校見学などに行った時の感想を紹介いたします。


通信制高校に通っている生徒たち

まず通信制高校の場合は、学校によっては、毎日は授業していないというところもあります。なので、学校見学のために生徒さんたちに協力していただいて、授業風景を見せてくれている場合もありますので、もしかしたら実態とは異なる可能性があることだけはご理解ください。
さて、感想ですが、第一印象は「皆さん、思ってたより明るいな」ということでした。自分がそうだからというのもありますが、イジメを受けて普通の高校には通えなくなった子たちが大半だと思い込んでいたので、正直に意外でした。


時間薬という言葉

失礼ながら、先生に聞いてみたところ、「今日見ていただいたのは、いわゆる3年生のクラスです。あのクラスにいる子たちも1年目の時は、人の目が見られなかったり、先生や大人にも敬語を使えないような子だったりしたんですよ。時間薬という言葉もあるけど、時間をかけて少しずつこの学校に慣れてくれて、それで今の笑顔があるんだと思います」
とのことでした。
1年生のクラスでは、知らない人が教室にいるということがストレスになってしまう子も多いそうで、こういう学校見学の時に協力をお願いするのはだいたい3年生か2年生らしいです。でも、皆1年か2年もすれば、まるで普通の子みたいに笑って教室にいられるようになるのかと思うと、ちょっと希望が見えた気がしました。

Comments are closed.